エンジニ屋.com(エンジニヤドットコム)

ITエンジニアによる開発・転職・資格取得記録などを書いてます!

【symfony】ローカル環境で簡単メールテスト【Eccube4】

メール送受信する為には、メールサーバの設定が必要です。ただ開発環境でわざわざ設定するのは面倒。そんな時にサクッとメール送信がテストできるツールを紹介します。

Mailtrap

  • Mailtrapという無料ダミーSMTPサーバを使用します。初見の方は、一見サーバと聞くと面倒に感じる方もいると思いますが、登録も簡単で、直ぐに利用することができます。 Eccube以外でもRubyやPyhotnやLaravelなどでも使用できるツールです。

Mailtrapの登録

下記をクリックするとMailtrapのトップページへ遷移します。 mailtrap.io

右上のSign Upで先ずは登録をします。 googleアカウントやgithubで直ぐに会員登録できます。 メールの確認などもありません。

 Mailtrap-top-page

言語を選択

次のページで中央あたりに「integrations」の下にプログラミン言語を選択する箇所があります。 本記事では、Eccubeで使用するので、下記画像のようにSymfony 5+を選択します。

Mailtrap-select-page

そして、下のcopyというボタンを押して文字列をコピーします。

.envにコピー

ローカル環境の.envの29行目あたりにペーストします。 頭のMAILER_DSNという文字列は削除してください。

MAILER_URL=smtp://〇〇〇〇〇〇〇0505e59de3de@smtp.mailtrap.io〇〇〇〇?encryption=tls&auth_mode=login

以上で設定完了です。

テストとして、Eccubeのお問い合わせからメールを送信しました。 Mailtrapへ戻ると下記のようにメールが受信されています。

Mailtrap-mailbox

あくまでもテスト用なので、実際のメールアドレス先にはメールは飛びません。 宛先アドレスは記載されているので確認できます。 設定も簡単で開発時には重宝しています。

以上です。 Have a development day~!

スポンサーリンク